≪ 前ページ * main * 次ページ ≫

殺人取っ手

2008_1122bonbon0001.jpg
我が家のドアの取っ手は全てこの形だ
しかし、光り輝く金色と優美な流線型に騙されてはいけない


これは武器だ
人を襲う兵器なのだ・・・ 怖ろしい


さりげなく通り過ぎようとする人間の、
袖口やボタンの隙間に巧みにその身を滑らせて入りこむ


袖口の場合は、絶賛!筋肉破損中につき
稼働率、稼動範囲共に30%以下の腕が
いきなりすごい力で、進行方向とは真逆に引っ張られ
声にならない悲鳴をあげながら、泣いてのたうちまわることに・・・


ボタン間の場合は、ボタンが当然吹っ飛び
最悪、布が裂けてしまい
なにかこう・・・暴漢に遭ったような
ある意味、非常にセクシーな装いになってしまう・・・


このような痛ましい事件が、
我が家ではだいたい二日に一回は発生している
ちなみに被害者はすべて同一人物である
あえて、名前は伏せておく


物騒な昨今、たとえ家の中でも油断してはならないのだ・・・
決して・・・

コメント

このドアノブ、結構危ないですよね。
私もたまに引っかけます。
袖口とかシャツのボタンとボタンの間とか・・・

安全面でいうと、たまに見かける
球状のドアノブが良さそうです。
Ruut様

痛ましい事件ですね (´;ω;`)
しかし被害者はかなりのドジっ娘の様な気がするのは
私だけでしょうか?
wittさま

ですよね!決して、決してYさん(仮名)が悪いんじゃ
ないですよね!(必死)

球状だって、きっと油断できないんだと思う・・・(-_-;)

けいたまさま

さっ、けいたまさんはちょっと体育館の裏まできてください
被害者の人が話しがあるそうです

被害者は決してドジっ娘ではありません。
折りたたみテーブルの隙間にスカートを挟んだりもしません。

あくまで、ドアの取っ手が悪いのです。

コメントの投稿











Trackback URL

http://ruut.blog87.fc2.com/tb.php/29-de22bcfc

This template is made by hacca*days.
copyright © 2017 Ruut all rights reserved.
まとめ