≪ 前ページ * main * 次ページ ≫

大丈夫であるように

081215_1805~001

大好きなCoccoちゃんの映画を観てきました
今日の日記は、やや重い内容なのでたたみます
嫌いな方は見ないよう、ご注意ください
今でも、初めてCoccoの歌を聴いた時の事は覚えてます
お店でかかっていて、聴いた瞬間動けなくなりました
すぐに出ているCDを購入して、夢中になって聴いてた

どうして、こんなに惹かれるのか不思議に思っていたある日
雑誌に出ている彼女の写真を見て、「あぁ・・・」と納得がいく


彼女は私と同じ腕をしていた
私は彼女と同じ腕をしていた


彼女の歌は痛い
覆っているものを、ばんばんむしりとってむきだしにされて
切り裂かれて、ぐちゃぐちゃにされて、それをほらって目の前に晒される

でも、私は彼女にならぐちゃぐちゃにされてよかった
むしろ救いだったのかも・・・
だから活動休止になった時はものすごくショックだった

4年後、再活動し始めたCoccoちゃんはキラキラして、きれいで
楽しそうに歌っていて最初は戸惑ったけど、嬉しかった
彼女の紡ぐ、新しい歌が聴けるのをどんなに待っていたか・・・

復帰後の初ライブ
ライトに照らされた真っ白い腕は、華奢できれいですべらかで・・・
昔のような腕ではなくなってた

そうか、Coccoちゃんは頑張って戦って勝ったんだ
自分の事のように嬉しくて、私も頑張ろうって思ってたのに・・・

今日、映画でCoccoがまた新たな戦いをしている事を知った

映画館なのを忘れて、泣いて泣いて、終わっても呆然としてて
渋谷の町を、どこに行ったらいいかわかんなくなって
しばらくふらふらとただ歩く

クリスマスのネオンがきれいなのが、無性に腹立たしくて
またどんどん涙が出てきて止まらなくなった
もし、Coccoちゃんがいなくなったらと考えるだけで
足がガクガク震えてきて、立ってるのも辛くなってふっと空を見上げたら
都会のくせに、やけに澄んだ勿忘草色の空を広がってた

そうだ、今年の初めのライヴ、あっちゃんは言ったんだ「生きろ!」って
「生きろ、生きろ、生きろ、生きろ!」って
だから、きっと大丈夫
この映画のタイトルも「大丈夫であるように」
大丈夫であるように、きっと頑張ってるんだね

あっちゃん、がんばれ!
私もがんばる!


とりあえず、泣き腫らした顔で渋谷→埼玉間を電車に乗った自分に乾杯!



テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿











Trackback URL

http://ruut.blog87.fc2.com/tb.php/33-acd7a8cc

This template is made by hacca*days.
copyright © 2017 Ruut all rights reserved.
まとめ