≪ 前ページ * main * 次ページ ≫

謎の液体

2009_0114ugai0002.jpg
この、飲むと爬虫類に変身できそうな謎の液体
何だと思いますか?
うがい薬です
パンチのきいた外観とは裏腹に、意外と爽やかです


咳が長引くので耳鼻科へ行ってきたのです
あのような怖ろしい目に遭うとも知らずに・・・


長いのでたたみます

病院は非常に混んでおり、ぽへ~んと待っていた私は
しだいにいろんな音を察知するようになっていきました


子供の泣き声、よくわからない機械音、
発生元がわからないうめき声
看護婦さんの異常にテンションの高い励まし


チキンなruutは当然、ゲクゲクブルブルですよ
壁一枚を隔てた先に
どんなバイオレンスワールドが広がっているのでしょう


とうとう呼ばれ、診察室へ入りました
もう椅子が!椅子からして普通と違います
え?私これからなんか操縦して飛び立つの?
ぐらいのごっつい椅子です
逃げ腰で座る私に、早速看護婦さんから
「もっと深く座ってください!」とイエローカードが・・・


そして、いきなりお鼻に何かを突っ込まれて、
何かを注入されました
え?!ちょ、ちょっと待って!私は喉が痛いだけなのよぉー!
という心の絶叫はきれいに無視
「あっ、目は開けててもらわないと困りますねぇ」
イエローカード2枚目です
いっそ、もう1枚もらって退場したい気満々です


あまりに怯える私に、先生が「きついですか?」と一言
ええ、ええ、きついですとも!
おすもうさんの足をMサイズストッキングに
押し込めたくらいきつっすよ!
そんな軽く錯乱している私にさらなる悲劇が・・・
「喉の奥を見たいので、鼻からファイバースコープ入れますね」


ふと見ると、いつの間にか体格の良い看護婦さんが隣に・・・
もう逃げ場はありません
ガチです
耳の奥で戦いのゴングが鳴ってました・・・


検査の結果、喉はたいした事なかったです
良かったです・・・いいんですよ、もう何もかも・・・(遠い目)


あまりの恐怖に手の甲をつねってできた
痣なんて、何でもないですよ・・・あはは、あはは(虚ろな目)

コメント

うがい薬、紫色した点眼薬みたいなやつですか?

喉、大したこと無かったみたいで良かったですね!

喉を見るのにファイバースコープを鼻から入れるんですねぇ
大変な目に遭われてしまいましたね・・・

でも、苦あれば楽ありで、きっと良いことありますよ~!
wittさま

そうです、点眼剤みたいのです。
目に挿さないようにと、しつこく注意されました。
やりそうな顔してたんでしょうね、私が・・・

そうですね、きっと楽しい事があるはずですよね!

コメントの投稿











Trackback URL

http://ruut.blog87.fc2.com/tb.php/42-bfdfb2c8

This template is made by hacca*days.
copyright © 2017 Ruut all rights reserved.
まとめ